内閣の発議!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

緊急時、

内閣に権限集中=私権制限は見送り―自民改憲本部ここ数年の政治の動きを見ていると、

見送りは当然だけど、今の政権に発議させるのは危険だ。

どのような時に可能なのかを厳密に定義することが大前提。

一番権利を制限しなければならないのは政治家だということがよく分かる。

平時でさえもまともに機能していないのに、

非常時に混乱した彼らが何をやるのか見当もつかない。

国家的危機や大災害時に権限集中も制限もある程度仕方ないと思うが、

たかが使用人がご主人様の権利を制限?国民の税金で食べている彼らが、

どこまでつけ上がれば気が済むのだろうか。

自民党以外の政党が政権取った時のことを考えているのか?

極左や極右の政権が緊急事態条項を発動したらどうするつもりなのだろうか?疑問だけしか残りません。

参考リンク:参考の記事はこちらをクリック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。