• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

参考記事はこちらをクリック!

「Coincheck」の資金洗浄?市場安定はまだまだ先か

仮想通貨取引所である「Coincheck」から外部流出した仮想通貨「NEM」が、別取引所「Zaif」に存在していることが発覚しました。
今回の犯人はあらゆる手を使ってNEMの資金洗浄を図っているらしく、取引履歴が大量に発見されています。

事件の詳細がいまだに完全に見えていないことに、もどかしさを感じます。

CoincheckやZaifと、日本の取引所が次々犯人に利用されているのは極めて残念です。

こんなにあっさり不正送金が行われてしまう日本の仮想通貨取引のセキュリティは大丈夫なのか、

と思ってしまいました。
Zaifを運営している「テックビューロ」から発言はありませんが、

ブロックチェーンで、NEMが流入していることは把握可能なので、

何故前もって流入を堰き止められなかったのか疑問が残ります。

こまめにブロックチェーンをチェックする等、不正な行いがされていないか確実な対策を取って欲しいです。

又今回の事件では匿名のハッカーの人たちが大勢犯人探しに協力しており、

それにより少しずつではありますが犯人の足取りがはっきりしてきました。

インターネット規模で捜査網が敷かれているのは良い事ではありますが、

政府だけでは解明はおろか、犯人の足取りすら掴めなかったかもしれません。

今後同事件やサイバーテロが発生した時にどうすればよいか、

又事前に防ぐにはどんな手段を講じるべきか、国家をまたいで協議して貰いたいです。

私はまだ正式に仮想通貨を取引したことはありませんが、「自分が取引するならば市場の体制が整うまでしないかな」とは思っていました。

セキュリティだけではなく、政治等の情勢に影響されやすい仮想通貨は、

価格の乱高下が本当に激しいのです。多角的に見ても、安全に使用出来るようになるのは時間が掛かりそうです。

足場作りが前進し、既存の通貨と遜色ない取引状況が出来て欲しいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。