ヤフーニュースエンタメから仕事の姿勢が学べるニュース「俳優からフレームアウトする斎藤工 監督、作家、写真家も」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ヤフーニュースエンタメで仕事の姿勢はかくあるべきだと学びながら読めてしまえるお得なものを発見。

斎藤工さんの最近の活躍をまとめたこの記事は読み応えあるいい内容です。

芸能人の結婚や思わぬ一言などを取り上げてもらったらヤフーニュースエンタメほど面白いところはありませんが、

この記事は気軽に面白く楽しめる一方、

仕事に対してどうアプローチメントしていくのかを相当深く考えさせる一読の価値ありの内容です。

ヤフーニュースエンタメにこの人が出てくるときにはどうしても最初は昼顔のイメージ。

このままこの印象で行って先々どうなるのかなと思いきや。

そんな一般の人の持つ懸念など意にも介さないがごとくの斎藤工さんの最近の活躍ぶりがもれなくまとめられています。

まず硬派な仕事人の姿勢、ご本人の過去、あまりにも芸達者な様子や才能が多方面に発揮されている裏側にある熱い心。

このヤフーニュースエンタメ記事は斎藤工さんをよく知らない人にも納得です。

なかなか目が出ない下積み時代や、

周囲の反応をよそに一緒に仕事して「芸人さんてすごい」とまっすぐリスペクトする真摯な様子に共感できる傍ら、

モデル、写真家、ナレーション、コラムニストとしても活躍している斎藤さんにただ驚けます。

記事曰く、斎藤さんの座右の銘は、「今日一日を一生と思い全力で過ごす」なのだそう。

一見自分には合っていなさそうな仕事と周囲に思われても思い切ってトライして、

そこから何かを学ぶべきなのは、なにも芸能人だけじゃない。

毎日の仕事から少しでも何か得たいと考える人は必ずこの姿勢から得るものは大きいはず。

そしてあくまで映画人として、

演じ手としてだけではなく作り手としても関わる国産映画をどう楽しんでほしいのか語っているくだりは、

どんなに冒険しても必ず底に秘めているであろう斎藤工さんの核の部分。

どんなに目の前の仕事の数々が多方向に向いてしまっていても、

しっかりとした芯を持ち核を譲らないことで、

多方向にぶれていくのではなく多方向から吸収するほうへベクトルを傾けられるのだろうと察します。

こんな風にいろんな角度で世の中を切り取ってくれる奥深さはヤフーニュースエンタメならではです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。