ヤフーニュース経済より~いきなりステーキ、急成長に潜む一抹の不安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

ヤフーニュース経済記事の「いきなりステーキ、急成長に潜む一抹の不安」を読んで納得した点がありました。

最近、私が住んでいる県内の飲食店経営会社がペッパーフードサービスとFC契約を結びました。

株式市場ではすぐに話題になり、その会社は株価が上昇しすぐに同地域に1店舗目オープンさせました。

オープンしてすぐに行列ができる程大盛況で、

数カ月が経つ今でも並ばなければ入店できないほどの活気です。

ほどなくしてヤフーニュース経済記事にもあるように某ラーメンチェーン会社もFC契約を結びました。

おそらく今後もペッパーフードサービスとFC契約を結ぶ飲食店経営会社は増えることでしょう。

飲食店経営会社は売り上げが好調であれば毎月のように店舗を増やしていきます。

新規店舗には既存店舗からの社員が異動し勤務しますが、

現在の飲食店は離職率の高さに悩んでいます。ヤフーニュース経済記事欄にも掲載されていましたが、

ペッパーフードサービスの一瀬社長は社員教育に力を入れていると言って急速に増加している社員育成をしているようですが、

実際経営のノウハウを覚えられないまま店長になったり社員1人にアルバイトの教育を任せるような状況になってしまうと思います。

定期的に社員教育を受けられる環境や余裕があればいいのですが、

実際に店舗へ行って指導したり本社に社員を集めて教育を受けさせるのは難しいでしょう。

するとヤフーニュース経済記事にあるように人材確保や教育が追い付かずに客離れを招く結果になってしまいます。

また、勤務している社員の教育も大事ですが、

売上を上げるために社員にかかる重荷は相当なものだと思いますし、

限られた人数でやりくりしなくてはならないシフト管理など社員に会社から突き付けられることはたくさんあるで

しょう。

飲食店の離職率が高いのはその部分が足りないからだと思っています。

人材を大事にし、お客様のニーズに答えていけるそんな飲食店経営会社であって欲しいです。

ヤフーニュース経済記事に書いてあるように「いきなりステーキ」が2018年も店舗網拡大が実現できるか注目したいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。