今後も松岡さん、織田さんコンビに期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

あっという間に終わってしまった。

という印象が強いピョンチャンオリンピックでした。

スポーツが苦手なため、日頃はスポーツ観戦をすることは少ないのですが、

オリンピックのような4年に一度の世界的なイベントとなると話は別。

運動音痴でルールも良く分からない自分ですが、興味を持って見ていました。

今大会は、日本人選手の活躍がめざましく、いつも以上に興奮することが多かったです。

また、韓国での開催だったため時差がなく、

欧米で開催される大会のように深夜まで起きて見なければならないという事もありませんでした。

しかし、平日行われる競技はリアルタイムで見られず、

 

連日スポーツニュースをワクワクしながらチェックしていました。

北海道に住んでいると、冬場は雪や寒さで実践が出来ないこともあり、

スポーツイベントでは地元選手の活躍が少ないため、冬季の大会はその分も白熱して応援しています。

期待を持って見ていた甲斐が有り、カーリングやジャンプ、

スピードスケート等北海道出身選手の活躍に連日ワクワクでした。

また嬉しいのは、試合後メダリストへのインタビューで、応援ありがとうございます。

と感謝のコメントを言ってもらえることです。

そのようなメッセージを聞くと、気分が上がります。

そんな中、羽生選手のコメントで印象的なものがありました。

羽生選手は、自分の演技で多くの人に笑顔を届けられたら嬉しい。

コメントしていたことがありました。確かに、私たちは選手の皆さんの活躍により、元気や活力をたくさんもらいました。

しかし、中にはそれがプレッシャーとなり、

普段の実力が出せない事もあると思います。

羽生選手自身も、前回のソチオリンピックではそんな魔物の存在を確認したようでしたが、

このようにポジティブな発言。ますます嬉しくなってきます。

羽生選手ファンが多いのも納得です。

そんな中、同じフィギュアの宇野選手は魔物の存在を感じなかったとのコメントをしていました。

宇野選手は、演技序盤の回転で転倒してしまいましたが、

それを魔物と捉えない発想ができるところに、若さというか、たくましさを感じます。

その時、インタビューしていたのは、松岡修造さんと織田信成さんでした。

そこで織田さんがすかさず、僕は魔物だらけでした。

と言うと、羽生選手と宇野選手が靴紐…。と顔を見合わすという楽しい雰囲気になり、

とても和やかで見ていて癒やされました。

また、ほどよいところで松岡さんが、

それは良いとして…。と話題を切り替えたのも良かったです。

専門的な意見を聞くのも楽しいですが、

松岡さんと織田さんのように楽しく見られる方が断然良いです。

お二人ともトップアスリートなのに、気さくでとても楽しかったです。

今後もこのコンビが活躍してくれることに期待したいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。