「枝野立憲代表、内閣不信任案を検討」 ニュースの感想

  • 2018-4-8
  • 「枝野立憲代表、内閣不信任案を検討」 ニュースの感想 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

yahoo国内政治のニュースで枝野立憲代表が内閣不信任案を検討しているという記事が出ていました。yahoo国内政治のニュースとしては特に目を引くニュースでもなかったのですが、yahoo国内政治などのニュースを見ているとほどほど呆れることが多いです。
枝野はいったい内閣不信任案を出したとして、この国をどうしたいのか。阿部政権に問題があるとした、それをどう改善・改革して国民の利益に繋げるのか全く見えてきません。当たり前です。それは与党の粗探しをして文句をつけるということしか考えていないからです。国民の利益、国の利益など全く考えていないからです。阿部政権の支持率を少しでも下げることができれば、自分達は仕事をしていると考えているのです。国民の利益を考えれば、森友・加計問題などどうでもいいのです。この問題によって不利益を被った国民がどれだけいて、それが国内の問題に関する割合のどれだけを占めているのか、それに反して国会で議論されていることのどれだけを占めているのか、まともな頭が少しでもあれば、これがどれだけバカバカしいことなのかわかりそうなものです。森友・加計問題より重要ではないことなどほとんどありません。そんなどうでもいい問題を掘り起こして避難することが自分たちの支持に繋がると考えている政治家もどうかと思いますが、要するに国民がなめられているのです。政治家は大多数の支持が得られればいいのです。要するに大多数の人間はどうしようもないくらいにバカだと考えているからの言動なのです。もし、大多数の国民が理性ある、判断力のある国民だと考えていれば、このような言動はしないでしょう。もしそうならそんなどうでもいい問題に時間、要するに国民の税金を使う政治家の存在など絶対に認めないからです。
しかし、現実では残念ながら政治家が訴えかけるものは、誰にでも分かりそうなお年寄りにも分かりやすいような妙な道徳心のようなものに頼るものなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。