G20があったけれど日本の基準は国際会議に出席するに足りない

  • 2018-4-7
  • G20があったけれど日本の基準は国際会議に出席するに足りない はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

セクハラ問題でもアメリカの新聞にモラルが世界基準以下であることを書かれて恥をかいたわけですが、ここへきて、国際会議でも何と言うか世界基準とはズレがあるなぁと感じたG20の会議記事。目を通された方も多いのではないでしょうか。
Yahoo国際経済のページに載っていましたので、簡単にチェックできると思います。
出席される方の姿勢というか、ファッションセンスもそうですが、国際会議に行くんですよ?と問いたい。
毎回国際会議に行く時はニュースになりますが、観ながらかなり恥ずかしいと思っています。あれを国会も止めないなんて。ため息ですね。
国民との間にある大きなズレにも気づけないとなると、国会議員としていかがなものか。
Yahoo国際経済のページに載っていたG20の記事では、アメリカの打ち出した保護主義政策に対して思惑のズレがあることが書かれていましたが、認識があるのにそのズレを修正できないなら、そこにいる意味はあるのでしょうか。
一体何をしに、国民から納めて頂いてる大事な税金を使って国際会議に行ってるのでしょう。身のない交渉のために税金が投入されているのかと思うと、腹が立ちます。
この記事の続きになるニュースが改めてYahoo国際経済のページに更新されるかわかりませんが、引き続き今後の動向も含めてニュースは読んでいかなければならないなと思います。
20か国も集まるのですから、満場一致とはなかなかいかないのでしょうがその譲歩策さえ示されていません。これからどのような形になるのかわかりませんが、最善策をしっかり検討できるような発言を期待したいところですが、いまそんな期待はまったくできないのが残念です。
国際社会の一員ではあるものの、自ら色々な問題で恥をかき国際会議に出席するに足りない国だと表明してしまっている日本。政治家、省庁職員はもっと身を引き締めて国民の税金を扱って国を回しているということを理解して欲しいと思います。

yahoo国際経済yahoo国際経済yahoo国際経済

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

記事の編集ページから「ピックアップ記事」を選択してください。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。